夢は大きく1億円から10億円へ!金融工学ならぬ新理論・金融心理学を探求するニュータイプ、「スキャルピング・サーフィン・トレーダー」のアカウンティング日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり新・金融心理学  2006/05/06(土) 11:30:21
  ファンダメンタルズに大きな変化はないし、地政学的リスクも変わっていない。金は驚くべき上昇中。
では今回のオイルの急落は絶好の買い場到来なのか?
・・・・・多分そうでしょう。

超短期でこれだけの変動は、真実の需給では説明しきれない。すなわち単なる思惑売買の結果でしかないと判断します。

たいしたことのないネタ(在庫増)をきっかけに買い方の利益確定、儲けそこねや損失の拡大を恐れての狼狽売り、短期値幅稼ぎの飛び乗り売り、やっと下落トレンドに入ったかと誤解しての新規売り。
ここら辺が相乗的な下落効果をあげているだけで、一旦落ち着けば、投機筋が反対行動で稼ぐには目に見えているでしょう。

つまり、情報に弱い私のような一般個人投資家が、需給や市場の分析に時間をとるのは馬鹿げている。(と思う・・・もちろん能力のある人は別)

勝負は流れを作る力のある大口投機家の心理戦をどう読んで、動きにどうついて行くかを判断するだけのことになると思っています。

要は直感勝負。大きなうねりを作る提灯を見つけて、その後についていく。
利小・利益確定の小刻み・短打戦法。
まあ一般個人投資家は小判鮫戦法が一番安全でしょうね・・・。
(提灯の動きを見極めるは難しいが・・・・・)

連休明けは、突っ込み買い建て・噴き値処分売り戦略で行こうと思います。
(・・・・あくまでも欲張らずに)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberfp.blog40.fc2.com/tb.php/112-dc2f9b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。